健康維持、長生きするために禁煙を始める

喫煙は健康に悪いということを知らないという人はいないでしょう。ですが、どのように健康に悪いのかを知らないという人も結構多いように思えます。

 

タバコにはニコチンといわれる成分が含まれているだけではなく、一酸化炭素の含有量も多くなっています。ニコチンにしても一酸化炭素にしても、がんを発症してしまう危険性が高くなってしまいますし、体の色々な器官に悪影響を与えてしまいます。

 

健康維持をするために、タールやニコチンが弱い銘柄の煙草にしたという人もいるのですが、喫煙をしていない人と比べると健康に悪いということは変わりありません。

 

それに、喫煙者だけの健康に害を与えてしまうだけではなく、副流煙によって、周囲にいる人にも健康被害を与えてしまいかねません。この副流煙も健康に悪影響を与えてしまうものであり、自分以外の人に多大な迷惑をかけてしまうことになるのです。

 

タバコというのは依存性がありますから、簡単にすぐに禁煙をすることができるという人は少ないでしょう。特に普段から相当タバコを吸っているという人の場合、自分が禁煙することができるわけないと、禁煙をする前から諦めてしまう人も多いのではないでしょうか?

 

自分の独力だけだと、確かに禁煙をすることは難しいかもしれませんが、禁煙グッズや禁煙外来だってあります。

 

いくら、普段から健康にいい栄養素を摂取するようにしたり、運動を心がけるようにしているとしても、喫煙をしている時点で効果はあまり期待できません。ですから、健康を保つようにしたいのであれば、まずは禁煙から始めるべきなのです。

汗が多い悩み

汗をかきやすい体質、汗が異常に多い体質に悩んでいる方もいるでしょう。

 

例えばこんなことがあります。

 

  • 緊張すると汗が大量に出てしまう。
  • 手に汗をかきやすいため握手することもためらってしまう。
  • 白い洋服を着るとわきがすぐに黄ばんでしまう。
  • 常に靴の中が汗で蒸れている。

 

中でも手汗に悩む女性が多いようです。参考:手汗を止める制汗剤

 

汗が多いということには悩みがつきものです。その悩みの多くは、ニオイと見た目、ではないでしょうか。夏場はともかくとして、冬の寒い時期でも少しの厚着で汗が噴き出してしまう、それが恥ずかしいと感じている人は少なくないはずです。

 

汗について悩みを抱えているとき、どんな対策をしているでしょうか。デオドラントは使ってみたでしょう。タオルを常備するというのはもちろんでしょう。インターネットでもいろいろと検索してみたはずです。

 

実は私の息子がそうでした。まだ中学生ではありますが、大きな体格で汗をかきやすい体質です。小さなころから人一倍汗をかきやすく、少し走り回っただけでも頭から水をかぶったように汗をかいています。お風呂に入ったの?と聞かれることもしょっちゅうでした。

 

大きくなるにつれて本人にはそれが悩みに変わっていきました。中学生になると学校に着替えのTシャツを何枚も持っていきます。ハンカチではなくタオルを持っていきました。50分という授業が終わるたびに、洗面台にいっては顔を洗う、そんな毎日が続いていました。汗はかかないひとはいないでしょう。ところがその量が問題であり、悩みでもあるものです。